イチオシ脱毛方法

脱毛は生理の時はできないの?生理時の脱毛について

生理時の脱毛はお断り?

なかなか予約が取れない脱毛サロン。やっと予定の日になったはいいけれど、生理と重なっちゃった!なんてことはありませんか?
VIOの脱毛は生理時は無理ですが、他の部分なら…と思ってサロンに行ったら「生理時はご了承ください」と言われてしまい、時間を無駄にしてしまったという人も少なくありません。
VIO以外なら生理時でも脱毛できそうなものですが、どうして断られてしまうのでしょうか?

生理時の脱毛、注意点

VIOの脱毛は生理時だと衛生的にも問題があるので避けなければならないのはわかります。しかし生理時でも本来は脱毛は可能です。
生理時の脱毛が断られるのにはきちんとした理由があります。
それは「肌トラブルを起こしやすい」ということと「痛みを感じやすい」ということです。生理時はホルモンバランスが乱れてしまっているので、肌も敏感になっています。そのためいつもと同じ施術でも痛みを感じるようになってしまったり、肌荒れなどを起こしてしまう可能性が高くなります。
サロンとしては、いつもと同じ施術をしてトラブルが起きてしまうのは避けたいところ。
そのため生理時の脱毛はNGと掲げているところが多いのです。
脱毛ができない、というわけではないのですが、いつもよりトラブルが起こる可能性はあると思って生理時の施術を受けるようにしましょう。
できれば生理と重なりそうな時は少し先に施術の予定をずらした方が無難です。

サロンによってOKのところとNGのところがある

生理時の施術については、サロンによっては VIO以外はOKとしているところもあります。一方、生理時はどこであっても施術不可としているところもあるので、契約の際にきちんと確認しておく必要があります。
また、当日急に生理になってしまった時は素直に受付で話が方が無難です。当日キャンセルがOKなサロンであれば生理だからといってキャンセル料を取られることはありません。少し先延ばしになってしまいますがキャンセル料やペナルティなどは発生せずに、後日に予定を入れさせてもらえますので安心してください。
しかし当日キャンセルが不可の場合は早めに連絡を入れておきましょう。連絡が遅いと1回分の施術を消化してしまいます。
各サロンによって対応が変わってきますので、契約の際には生理になったりしたらどうするかということまできちんと聞いておくといいでしょう。
少なくとも月に1度はあることですから、何事もなく脱毛が終わったという人の方が少ないです。私も生理に当たりそうな時は前もって予定を前後にずらして施術を受けていました。意外と予定日に生理が来る!と気づいたらその日のうちに予定を変更したり、予定を早めて施術を受けるという方が狙い目かもしれません。

脱毛サロンVS医療脱毛

脱毛サロンのいいところ悪いところ

夏本番。薄着の季節、ワキ毛が気になる方、たくさんいらっしゃると思います。自分で処理するのも面倒くだけど、どこで脱毛したらいいのか迷っている人いませんか。そこで、エステサロンとクリニックの比較をしてみました。

まずエステサロンの特徴ですが、光を使うので一回の効果は弱いです。そのため、デメリットとして、完了するまでに何度もエステサロンに通わなくてはならないということが挙げられます。しかし、クリニックに比べ、一度に照射される量は少ないので痛みも少ないです。産毛のような細い毛はエステサロンでは難しいようです。

また、エステサロンのメリットとして、安いということがあげられます。ワキ完了まで100円といったキャンペーンをしているところがあるほど、安価に行えます。様々なキャンペーンを利用すれば、全身でも比較的安く脱毛できます。

さらにもう一つのメリットとして、通いやすいということが挙げられます。大手のエステサロンなどは全国各地にたくさん店舗があるので、自宅近く、会社の近くなど自分にあった場所で施術してもらうことができます。また店舗の変更も可能なので、完了までに転勤などがあった場合は他の店舗に通うことができます。

医療脱毛のいいところ悪いところ

次に、クリニックの特徴ですが、エステサロンと比べてレーザーを使用するため、一度の照射される量が大きいです。そのため、クリニックに通う回数はエステサロンの半分くらいの回数ですむというところがメリットととなります。産毛のような細い毛はクリニックの方が対応できます。ただ、最近では痛みの少ない機器が開発されてきているものの、エステサロンと比較して痛みが強い場合が多いです。肌への負担も大きいです。

クリニックで行うデメリットは、何といっても高価であることです。数百円で行えるエステサロンと違い、やはり金額は高くなってきてしまいます。また、クリニックによって値段も変わってきます。

比較的安価なクリニックも増えてきましたが、やはり都市部に集中し、地方に住んでいる方は通うことが困難です。

クリニックの最大のメリットは、何かトラブルがあったときにすぐ医療的措置をとってくれることです。やはりこれがクリニックの強みで、利用する方は安心できる要素なのではないでしょうか。

また、永久脱毛に関してはクリニックでしか行えません。

エステサロン、クリニック、それぞれメリット&デメリットを紹介してきましたが、最終的には自分にあった場所を選択するのがベストだと思います。

女性の身だしなみは脱毛にあり

毛が気になり始めるお年頃、脱毛スタート

中学生になり、大人になるべく、いろんなところにいろんな毛が生えてきます。多感なお年頃なので、エチケットゾーンのみならず、腕や足はもちろん、指のうぶ毛までもを友達と比較し、生えていることがとにかく気になりだします。
私自身は、それほど毛深い方ではなかったので、腕や足の毛はたまに剃る程度でしたが、脇はほぼ毎日のように頻繁に剃っていました。そして、ある時(冬の頃ですが)、脇の毛を毛抜きで抜き始めました。毎日毎日、脇をチェックして黒い物を見つけるとひたすら抜くのです。少しぐらい埋もれている毛も、自分の皮膚が傷つくこともおかまいなしに抜き出していました。ただ、この頃はまだ、カミソリや毛抜きといった、アナログな道具を自分自身で駆使しており、頭髪やエチケットゾーンなどのあるべきところ以外の全身脱毛を試みました。

どうにかしたい、この毛、肌荒れ

冬は長袖ですし、それほど気になりませんが、春から夏にかけては、半袖であっても脇がとにかく気になって気になって仕方ありません。

毛抜きで抜くカミソリで剃るから、脱毛テープやムース、ワックス等々、さまざまな有料使い切りアイテムを駆使して、全身脱毛を試みる様になります。高校生の頃です。

毛抜きやカミソリと異なる点としては、アイテムによっては肌に多少やさしいような気がする、でも、お金もかかるし、匂いや作業場や時間の確保が必要である(お風呂の時間だけでは、家族に気づかれてしまう)といったようなお悩みも出てきます。

でも、まだ高校生。全身脱毛の店に通う経済的余裕も、時間的余裕もありません。なんといってもまだ本業はお勉強ですから。

ひたすら、友達との意見交換による脱毛アイテムの駆使にて、高校3年間を終了します。

念願のお店での脱毛へ、まず脇から

大学生になり、バイトの本格的にスタートし、時間的経済的余裕を得ます。男性と海へと繰り出す機会も、普通に訪れ、これまでの脱毛方法では、物足りなくなります。いよいよ満を持して、お店での脱毛を視野に入れ始めました。当時は今程、お手軽にできるお店は少なく、脇だけでも永久脱毛となれば数十万円はかかって当たり前でした。全身脱毛が完璧にできるかはわからないけど、まずは脇からスタートし、次に足や手、またはエチケットゾーンとパーツごとに脱毛し、最終的に全身脱毛を完了させる人も多かったです。

私自身はとにかく脇の脱毛をしたかったので1年かけて通い、その後、少し間をあけてエチケットゾーンも半年ほどかけて脱毛しました。

手や足は気にならなかったので脱毛しませんでしたが、脇の脱毛が終わった後の解放感といったら、それはもう爽快なものでした。

中学生の時から6年以上、夏場は本当に毎日毎日剃ったり抜いたしして、肌も鳥肌のようにぶつぶつなり始めていたし、ヒリヒリして痛い日でも、翌日の予定によっては剃らずにはいられなかったり、そんな強迫観念的な日々からやっと解放されて、いつ見てもツルツルの脇があるって本当に幸せだなと思います。

脱毛サロン口コミ情報紹介サイト
http://xn--tckd1k4b4a2099bqkg6psuqxty2c.com/